吉田輝VS柿木再び!日本ハム・栗山監督 16日の紅白戦での先発を明言

[ 2019年2月14日 15:50 ]

<日本ハム2軍キャンプ>ブルペンで柿木(左)と並んで投げる吉田輝(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山英樹監督(57)が14日、16日の1・2軍合同の紅白戦(国頭)で昨夏甲子園決勝で投げ合ったドラフト1位・吉田輝星投手(金足農)と同5位・柿木蓮投手(大阪桐蔭)を先発させると明言した。

 米アリゾナキャンプからチャーター機で沖縄に到着後、休む間もなく国頭村での2軍練習で吉田輝と柿木のブルペン投球をチェック。その後、名護市内での1軍の練習を視察した指揮官は「16日の紅白戦は雨が心配だけど、行けるのであれば吉田輝星、柿木、この2人が先発して、チームに、そして日本の野球に対してメッセージを送ってくれると思う。さっき(国頭に)行って“2人に先発しますよ”ということは伝えてきました」と夢の対決を発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース