高知商部員のダンス有料発表会出演 処分の結論出ず

[ 2019年2月14日 05:30 ]

 日本高野連は13日、大阪市内で全体審議委員会を開き、昨年12月に高知商のダンス同好会の有料発表会に野球部員が出演したことについて、野球部長の処分などを再検討したが結論は出ず、20日の理事会で議論して判断することを決めた。

 同委員会は発表会の入場料が500円だったことを踏まえ「(日本学生野球憲章が禁じる)商業活動ではないと共通理解した」とした。一方でユニホーム姿での出演については、10年に改定される前の野球憲章に付随する手引に禁止する文言があったとして「処分や指導が必要かも含め、理事会で最終判断したい」とした。憲章改定の際に問答集は消滅しており、日本高野連は禁止行為を周知徹底する面で、不手際があったことを認めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月14日のニュース