DeNA 上茶谷、フリー打撃に初登板 神里の一発にびっくり「あそこまでいくのは」

[ 2019年2月14日 14:42 ]

フリー打撃に登板したDeNA・上茶谷
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手が14日、初めてフリー打撃に登板。知野、神里、楠本を相手に計41球で安打性の当たりは5本だった。

 直球を軸にスライダー、カットボールを投じ「アウトローを狙って高めに抜けて打たれる球が多かったのが反省点。しっかり決まったときには詰まったりという反応が見られた。試合でもコーナーに投げ分けられれば」と課題と収穫を口にした。

 神里には右中間の防御ネットを直撃する一発を浴び「結構飛んでいた。ボール球かなと思ったのであそこまでいくのは」と先輩の打撃に驚いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース