雄星 今キャンプ初のブルペン「いい軌道で投げられた」

[ 2019年2月14日 06:58 ]

ブルペンで投げ込む菊池(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 マリナーズの菊池雄星投手(27)が13日(日本時間14日)、今キャンプ初のブルペン投球を行った。

 控え捕手のフレイタスを相手に全球種、合計37球を投げ「いい軌道で投げられた」と一定の満足感を示した。反省点にはスライダーを挙げ「思うように曲がりきらない。アリゾナに来てからすごく感じる」と説明。「真っすぐとスライダーが僕の軸。そこをメインに磨いていきたい」と課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース