DeNA阪口、中止にがっくり「どこまで通用するのか試してみたかった」

[ 2019年2月14日 05:30 ]

DeNA・春季キャンプ ( 2019年2月13日 )

DeNA・阪口(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは13日、初の対外試合予定だったロッテ戦が雨天中止。先発予定だった阪口は「1軍の打者に僕の球がどこまで通用するのか試してみたかった」と残念がった。

 2番手で登板予定だった浜口は「やることは変わらない。土台をつくって一年間投げられる準備をしたい」。紅白戦などを追加する予定はなく、実戦は16日のヤクルト戦(浦添)まで持ち越しとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース