ソフトバンク・柳田  右太腿裏に痛みを訴えリタイアも「張りですね」軽症を強調

[ 2019年2月14日 18:07 ]

ソフトバンクの柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が14日、午後の練習を行わず早退した。

 午前中はランニングやシートノックなどに参加したが、右太腿裏に痛みを訴え、外野組での打撃・走塁・守備・バント練習は行わなかった。「申し訳ありません。私の口からは何も言えません。ノーコメントでお願いします」と話しタクシーに乗り込むと、宮崎市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査などを受けた。

 宿舎に戻った柳田は、足を引きずることなく「張りですね。ちょい痛くらい。(安静は)2、3日くらいじゃないですか」と軽症を強調。詳細な診断は15日に判明するもようで、工藤監督は「(診断を)聞いた後に、その後のことを考える」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース