DeNA 大貫、フリー打撃初登板で充実の表情「やってきたことが出せた」

[ 2019年2月14日 14:45 ]

フリー打撃に登板したDeNA・大貫
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト3位・大貫晋一投手が14日、初めてフリー打撃に登板した。楠本、知野、神里を相手に計42球を投げ安打性の当たりは9本だった。

 カーブ、スライダー、ツーシーム、スプリット、カットボールと多彩な変化球を投げ分け「変化球も試せたし、自主トレ、キャンプとやってきたことが出せたかなと思います」と充実の表情を浮かべた。

 新日鉄住金鹿島から入団した即戦力右腕は「直球の制度や質もそうですが、力強さをもう一度追求してブルペンでやっていくのと、制球面でまだ甘いのでこれからしっかりやっていきたい」と次クールに予定されている実戦登板を見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース