海外でも松坂の“アクシデント”を報道 AP通信「こんなのはなかった」

[ 2019年2月14日 05:30 ]

中日・松坂
Photo By スポニチ

 AP通信が中日・松坂が右肩の炎症でノースロー調整となったことを報じた。

 「米大リーグ、日本でのキャリアを通じ数多くのケガに対処してきたが、こんなのはなかった」と表現。キャンプでファンと接触した際に右腕を引かれ違和感が出たとされることを伝えた。松坂がレッドソックス時代の11年に右肘じん帯の再建手術を受けたことや、昨年入団テストを経て中日入りしたことを紹介した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース