DeNA東、2軍スタート決定的 左肘に違和感 昨季新人王まさか

[ 2019年1月26日 09:42 ]

DeNAの東
Photo By スポニチ

 昨季新人王に輝いたDeNAの東克樹投手(23)が左肘の違和感を訴えていることが25日、明らかになった。当面はフィジカル中心のトレーニングを行うため、春季キャンプは2軍スタートが決定的。この日横須賀市内の2軍施設でウエートトレーニングなどを行った左腕は「投げたい気持ちは強いけど、焦っても仕方ない」と話した。

 昨シーズン後に患部の違和感を訴え、選出されていた11月の侍ジャパンを辞退。順調に回復していたが、1月に入り「停滞した。シーズン中に痛くなったりするのは避けたいので、今やめようと」と現在はキャッチボールも行っていない。

 「開幕に行けたらいいが、今後どうなるか分からない。まずは治すことを一番に考えたい」と東。昨季は新人ながらチームトップの11勝を挙げ、チーム唯一の規定投球回をクリア。開幕投手最有力候補の左腕の状態が上向かなければ、チームのローテーション構想に、大きな影響を及ぼすことになる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月26日のニュース