中日・松坂、帰国後即練習 中6日へ準備万端「たくさん投げる」

[ 2019年1月26日 05:30 ]

キャッチボールを行う松坂
Photo By スポニチ

 中日・松坂が今年初めてナゴヤ球場を訪れ、キャッチボールやノックで体を動かした。前夜、自主トレ先の米ロサンゼルスから日本へ戻ったばかり。車で名古屋に移動し、時差ぼけを解消するため「一番眠たくなる時間に来ました」と午後4時ごろから練習を開始した。

 昨季は故障した右肩を考慮し、中10日ほどの間隔を空けて登板していたが、今季は与田監督から中6日での登板を期待されている。「たくさん試合、イニングに投げられるよう(自主トレを)やってきた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月26日のニュース