“山梨のデスパイネ”野村がセンバツ1号宣言「もう1本打ちたい」

[ 2019年1月26日 05:30 ]

センバツ出場32校決定

 「山梨のデスパイネ」こと山梨学院の4番・野村が「春の甲子園1号」を誓った。昨夏甲子園の高知商戦では12―14の壮絶な乱打戦で敗れた中、7回に左越えへソロ。「自信がついた。センバツでもう1本打ちたい」と力を込めた。

 高校通算35本塁打。昨年5月の練習試合では学校グラウンドで推定165メートルの特大弾を放つなど、パワーは計り知れず、吉田洸二監督がソフトバンクの助っ人砲に例えて異名を付けた。「通算50本はいきたい」と先をにらんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月26日のニュース