大阪桐蔭、無念の「補欠1位校」西谷監督「夏一本に絞る」

[ 2019年1月26日 05:30 ]

センバツ出場32校決定

センバツ出場ならず厳しい表情を見せる大阪桐蔭・西谷監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭は昨秋の近畿大会8強で当落線上にいたが、入った連絡は「補欠1位校」。いずれも史上初となる春3連覇、3期連続優勝への挑戦権を得ることはできなかった。

 西谷浩一監督は「はっきり、夏一本に絞るという覚悟が決まりました」と話した。選手はインターネット中継を見ながら校内待機。中野主将は「悔しさを持ち続けて、夏に向けて頑張っていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月26日のニュース