DeNA上茶谷、1軍キャンプへ「まずは第一歩」 知野は「ビックリ」 

[ 2019年1月26日 14:58 ]

ブルペンで投球練習を行うDeNA・上茶谷
Photo By スポニチ

 DeNAのキャンプメンバーが26日に発表され、新人ではドラフト1位・上茶谷大河投手、同3位・大貫晋一投手、同6位・知野直人内野手が1軍の宜野湾切符をつかんだ。

 この日の新人合同自主トレでブルペン入りし、40球を投じた上茶谷は「まずは第一歩。2月のキャンプから実戦が入ってくると思うので、状態を上げてアピールできたら」と表情を引き締めた。前日25日に東洋大の同期でソフトバンクドラフト2位の甲斐野がブルペンで152キロを出したという情報をチェックした右腕は「この時期に150キロ連発は凄いと思う。僕も今日意識してみたが全然いかなかった。僕はブルペン映えしないんです」と苦笑いだった。

 またBC新潟から入団した知野は、吉報に「ビックリです」と目を丸くした。ラミレス監督が「将来的にレギュラーになれる選手」と期待を寄せる走攻守3拍子揃った19歳は「若造なので、一生懸命プレーしてアピールします」と初めてのキャンプに向けて意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月26日のニュース