【センバツ選考事情】横浜が滑り込み コールド8強止まりの印象を期待感が上回る

[ 2019年1月26日 06:30 ]

センバツ出場32校決定

センバツ出場を決め歓喜する及川(中)ら横浜高ナイン(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 難航した関東・東京の6枠目は関東大会8強の横浜に決まった。

 磯部史雄・地区委員長によると「東海大菅生を推す声も出た」というが、及川の存在が「全国優勝できる逸材」と決め手となった。昨秋関東大会準々決勝で春日部共栄にコールド負けも、神奈川県大会では前評判の高かった東海大相模、慶応や関東大会優勝の桐蔭学園を破り優勝。及川は12.85と高い奪三振率を残した。関東大会の印象の悪さを期待感が払しょくした。東海大菅生は東京大会決勝・国士舘戦で11安打しながら接戦で敗れ、磯部委員長は「関東と東京を比べると、関東の方がレベルが高かった」と説明した。

 近畿は秋季大会の内容を精査する基本に沿った結果、注目の大阪桐蔭が落選。前田正治・地区委員長は「全国優勝後、まだチームとして出来上がっていないように見受けられた」と評した。近畿大会準々決勝敗退の4校を比べ、「京都のレベルが高い」(同委員長)と福知山成美が5番目の枠に。優勝の龍谷大平安にサヨナラ負けした市和歌山が最後に滑り込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月26日のニュース