DeNA育成ドラ1・宮城 細身からの“変身”誓う「体づくりが自分の目標」

[ 2019年1月7日 14:47 ]

<DeNA入寮>入寮時に高校時代の憧れの先輩の写真を持ち込んだ宮城(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの育成ドラフト1位・宮城滝太投手(18=滋賀学園)が7日、横須賀市内の青星寮に入寮した。

 しなやかな投球フォームから投じる切れ味抜群の球が武器の、将来性豊かな右腕は「やってやるぞ、という気持ちで来た。新しい生活が始まるので、私生活からしっかりしたいと思う」と晴れやかな表情を見せた。

 1メートル80の長身も、現在の体重は73キロと細身の体型。「78キロまで持って行きたい。明日から新人合同自主トレが始まりますが、体づくりが自分の目標。たくさん動いて体力をつけようと思います」と一歩ずつ進んでいく。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年1月7日のニュース