東洋大 3本柱抜けた穴、佐藤が埋める!

[ 2019年1月7日 05:30 ]

 東洋大の新主将でプロ注目の佐藤都志也捕手(3年)が「目標は日本一」と、全日本大学選手権を制した11年以来の全国制覇を掲げた。

 昨秋リーグ戦は3位で連覇が3でストップ。上茶谷(DeNA)、甲斐野(ソフトバンク)、梅津(中日)の3本柱は抜けるが「昨年一年間を糧にして今年頑張りたい」と表情を引き締めた。杉本泰彦監督も「捕手として配球を読んで思い切った打撃をしてほしい」と、攻守の柱として期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月7日のニュース