内海に続き…長野移籍 ファン衝撃「功労者に厳しすぎる」「いつか戻ってきて」

[ 2019年1月7日 16:07 ]

広島への移籍が決まった長野
Photo By スポニチ

 巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。内海哲也投手(36)に続き、巨人生え抜きのスターで功労者の人的補償による移籍となり、ファンの間には衝撃が広がっている。

 長野は日大から社会人野球・ホンダを経て09年ドラフト1位で巨人に入団。新人王を獲得したのを皮切りに、ベストナイン、首位打者、ゴールデングラブ賞と、数々のタイトルを獲得した。功績を残した生え抜きスターの移籍に、ネット上には「プロの世界とはいえ功労者に厳しすぎる」「ショックが大きい」「いつか巨人に戻ってきて」など悲痛の声が続々。

 また、「広島のファンの方、長野久義をよろしくお願いします」「夢の弾道で広島ファンを魅了してください」と移籍先での活躍を願うコメントや、ドラフト3度目であこがれだった巨人に入団した経緯もあり「2度もドラフト指名蹴ってまで、巨人を選んでくれてうれしかった。9年間本当にありがとう」「環境を変える事が長野選手にとってプラスになる事を一ファンとして願っています」といった感謝の言葉もあふれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月7日のニュース