巨人・原監督 左腕・高木を高評価「心技体癒えたんでしょう」

[ 2018年10月30日 08:26 ]

ブルペンで高木と話す原監督(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 29日にジャイアンツ球場で行われた巨人の秋季練習で、高木がブルペン入り。力強い球を投げ込み、見守った原監督から「いいボールがいっている」と声をかけられる場面もあった。

 今季は3年ぶりに1軍で登板したが、3試合で防御率12・60に終わった。「気持ち新たにもう一度やってやるぞという気持ちです。アピールできるように実戦でしっかり投げていきたい」とリスタートを切った。11年に入団した左腕は、原監督の下で12年から15年に計139試合に登板。原監督は「だいぶ戻ったよね。いいボール投げるよ。心技体癒えたんでしょう。スタミナもある」と評した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月30日のニュース