レッドソックス ピアースがMVP、3発8打点「人生最高の気分」

[ 2018年10月30日 05:30 ]

ワールドシリーズ第5戦   レッドソックス5―1ドジャース ( 2018年10月28日    ロサンゼルス )

8回にソロ本塁打を放ったレッドソックスのピアース(AP)
Photo By AP

 レッドソックスの打の主役は6月末に加入したピアースだ。前夜に同点ソロと前田から3点二塁打を放った35歳はこの日、先制2ランにダメ押しのソロ。シリーズ通算3本塁打8打点でMVPに輝き「人生最高の気分。夢がかなった」と実感を込めた。

 移籍を繰り返す「ジャーニーマン」は7球団目でシリーズ初出場。シーズン中に移籍した選手のMVP獲得は史上2人目で、移籍後のレギュラーシーズン出場が50試合以下での獲得は初の快挙となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース