広島4番の誠也が2打席連続アーチ「何とかしたいという気持ちで打席に」

[ 2018年10月30日 21:50 ]

SMBC日本シリーズ第3戦   広島―ソフトバンク ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<日本シリーズ第3戦>6回無死、右越えソロを放った鈴木はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 「SMBC日本シリーズ2018」第3戦が30日、ヤフオクドームで行われ、広島の主砲を務める鈴木誠也外野手(24)が2打席連続アーチを放った。

 3点を追う6回。先頭で打席に入った鈴木は先発ミランダから右翼席へ運ぶ1号ソロ。「打ったのはストレート。点を取られた次の回だったので何とかしたいという気持ちで打席に入った。しっかりと振り抜くことができた」と振り返った。

 大量リードを許して迎えた8回には左翼席へ2号ソロを放ち2打席連続アーチを記録した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース