中日、ヘッドコーチに伊東勤氏 来季コーチングスタッフ発表

[ 2018年10月30日 05:30 ]

伊東勤氏
Photo By スポニチ

 中日は29日、来季の1・2軍のコーチングスタッフを発表した。与田剛新監督を補佐するヘッドコーチには、前ロッテ監督の伊東勤氏が就任する。

 伊東氏は1981年のドラフト1位で西武に入団。捕手として黄金期を支え02年にコーチ兼任となり、04年に西武監督に就任した。13年にロッテ監督に就任、5年間チームを指揮。退任後の17年からは侍ジャパン強化委員会に招かれ強化副本部長を歴任した。与田監督とは09年WBCでともにコーチを務めた経験があり、新監督の強い希望で入閣が決まった。

 この日、取材に応じた西山和夫球団代表は「2つの球団の監督、侍ジャパンの仕事もされ、WBCコーチと豊富な経験をお持ちの方なので、しっかり(監督を)サポートして下さると思っています」と伊東ヘッドに期待を寄せた。

 同代表は組閣について「監督がやりやすい布陣を監督の意向で決めた」と明かした。挙党一致で6年連続Bクラスからチームを立て直すことを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース