巨人ドラフト1位・高橋 指名あいさつで原監督の直筆サイン受け取り「実感が沸いてきた」

[ 2018年10月30日 16:47 ]

巨人のドラフト1位・高橋(右)と指名あいさつに訪れた柏田スカウト。高橋の首には、原監督がドラフト会議で着用した直筆サイン入りのIDカード
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位高橋優貴投手(21=八戸学院大)が30日、青森・八戸市の同大で長谷川スカウト部長と担当の柏田スカウトから指名あいさつを受けた。ブレザー姿で出迎えた左腕は緊張した面持ちで「小さいころから目標としていたプロ野球戦手ということで本当にやってやるぞという気持ちが一番」と決意を新たにした。

 北東北大学リーグでは、西武・多和田のリーグ記録を塗り替える301奪三振をマークしたみちのくの「ドクターK」。最速は152キロを誇り、即戦力として期待される。原監督がスカウト会議の際に着用したIDカードに、直筆サインを入れて手渡され「こうやっていただいて実感が沸いてきた」と笑顔で話した。柏田スカウトは、高橋の印象を「非常に真面目で野球のことをしっかり考えている。ちゃんと人の目を見て受け答えができる点も好青年」と評した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース