オリ新助っ人メネセス獲得 右の長距離砲 3Aで3割23発

[ 2018年10月30日 05:30 ]

 オリックスは29日、来季の新外国人としてジョーイ・メネセス内野手(26=フィリーズ傘下3A)との契約に合意したと発表した。単年契約で、年俸は契約金を含む100万ドル(1億1000万円、金額は推定)。

 メキシコ出身の右の長距離砲で、メジャー経験はないが今季3Aでは130試合で打率・311。23本塁打、82打点で2冠に輝き、インターナショナルリーグのMVPを獲得した。長村裕之球団本部長は「クリーンアップの一角に入ってくれたら」と期待した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月30日のニュース