マエケン2年連続無念「この悔しさを忘れずに過ごしたい」

[ 2018年10月30日 05:30 ]

ワールドシリーズ第5戦   ドジャース1―5レッドソックス ( 2018年10月28日    ロサンゼルス )

レッドソックス戦の9回、ブルペンから試合を見るドジャース・前田(左から3人目)
Photo By 共同

 ドジャースの前田は左翼ポールそばのブルペンで終戦を迎えた。「2年続けてワールドシリーズで悔しい思いを味わってしまったので、次こそは勝てるように。この悔しさを忘れずに過ごしていけたらいい」と複雑な思いを口にした。

 メジャー3年目の今季はチーム事情で8月に救援に回り、8勝と米移籍後初めて2桁勝利に届かなかった。それでも、ポストシーズンでは8試合に登板。課題だった左打者に対しても「チェンジアップを改良して苦ではなくなってきたし、三振を取れるようになった」と収穫を得た。

 「改めて先発でやりたいという気持ちも強くなった。来年1年間通して(先発で)投げられれば、もっと良くなる」と話したが、まだ戦いは終わっていない。この日、日米野球のMLBオールスターの一員として出場することが発表された。来月11日の第3戦(東京ドーム)から合流予定で、同13日の第4戦(マツダ)では古巣の広島に凱旋する。世界のマエケンが日本のファンに雄姿を見せる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース