巨人・原監督 秋季キャンプ宮崎入りで気合のあいさつ 小林は発熱で合流延期

[ 2018年10月30日 17:18 ]

キャンプ地の宮崎入りし、宮本コーチ(左)らとセレモニーに参加する原監督(中央)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 巨人は30日、翌日から始まる秋季キャンプに備え、羽田空港から宮崎入りした。

 宮崎空港では歓迎セレモニーも行われ、原監督は「来年のこの時期は日本シリーズを戦っていられるように、懸命に、そして近々未来、この若者たちがジャイアンツを代表する選手たちとなって戦ってくれることをお誓いします」とあいさつした。現地では18日まで鍛錬を積む。

 また、小林誠司捕手が発熱のため、宮崎入りを延期。31日の練習初日は不参加となり、体調の回復をみながら、合流する予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース