デスパ 自身初日本S弾「残り試合も打てるように」

[ 2018年10月30日 23:01 ]

SMBC日本シリーズ2018第3戦   ソフトバンク9―8広島 ( 2018年10月30日    ヤフオクD )

<ソ・広>6回2死一、二塁、3ランを放ったデスパイネは左足を大きく上げる決めのポーズ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのデスパイネが自身2度目の日本シリーズで初本塁打を放った。

 6回、2死から3連打で1点を追加し、なおも2死一、二塁で右越えの3ランを放った。「大事な場面。ストライクゾーンに待っている球がきた。ホームなんで一本出てうれしい」と声を弾ませた。

 工藤監督も「ベンチが沸いたし、行けるぞという雰囲気をつくってくれた」と称える一発。デスパイネは「残り試合も打てるように頑張りたい」と打線をけん引する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月30日のニュース