巨人・岡本、強行も…ブレーキ3戦10タコ 自力CS再消滅

[ 2018年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―4中日 ( 2018年9月17日    東京D )

2回無死、フルスイングするも打ち損じて打球を見上げる岡本。 その後右飛に倒れる (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人打線は一夜で貧打に逆戻り。借金は再び今季ワーストタイの7で、自力CS進出の可能性も再消滅した。高橋監督は「なかなか思うような(自分たちの)打撃をさせてもらえなかった。いい投手でボールも良かった」と振り返った。

 ガルシアの手元で微妙に変化する直球、角度あるスライダーを捉えきれず。6回まで3安打。7回途中に1点を返したが、吉村野手総合コーチは「チーム(単位)で崩そうと意識を持って臨んだけど」と悔やんだ。

 これで相手先発が左腕の試合は12勝23敗1分け。19日DeNA戦(東京ドーム)の相手先発は過去4戦全敗の左腕・東が濃厚。CS出場権確保へは打ち破るしかない。

 14日のDeNA戦で右手親指付近に死球を受けた4番・岡本が、その後の3試合で計10打数無安打。患部にテーピングを施して強行出場も、バットは湿っている。坂本勇も6回の打席(投手強襲安打)でコンディション不良を訴え、7回の守備から交代した。本人は「休み明け(19日)は大丈夫だと思います」と話し軽症とみられるが、不安は残る。

 7連戦は1勝5敗1分けに終わり、そのうち6試合が2得点以下だった。今季の主催試合の負け越しも決定。残り10試合。巨人の正念場は続く。(川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース