法大・吉岡サヨナラ打 G岡本に刺激「自分も頑張らなければ」

[ 2018年9月18日 05:30 ]

東京六大学野球   法大3―2明大 ( 2018年9月17日    神宮 )

 2回戦2試合が行われ、法大は明大に3―2でサヨナラ勝ちし、1勝1分けとした。9回に代打の吉岡郁哉内野手(4年)が決勝の左前適時打を放った。

 2―2の9回。無死二、三塁とすると、青木久典監督が動いた。

 「代打・吉岡」

 切り札は左前へはじき返すサヨナラ打。「外野に飛ばすことだけを考えていた。思い切っていけてよかった」と胸を張った。

 智弁学園(奈良)出身の4年生。3年春夏に甲子園に出場し、岡本(現巨人)の後ろの4番を務めた。岡本が敬遠された後に見せる勝負強さは大学でも健在だ。引き分けだった前日も2―3の9回1死から代打で同点につながる中前打を放った。「こういう場面でも動じない。彼しかいない」と指揮官。吉岡は巨人の4番として活躍する元同僚の姿に「自分も頑張らなければ」と刺激を受け「スタメンではなくても勝利に貢献することが大事。日本一しか狙っていない」と力強く言った。 (武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース