PR:

バレ、DeNA加賀引退に惜別 最終対戦で一発“キラー”に抱く特別な思い

ヤクルト・バレンティン
Photo By スポニチ

 とことん苦しめられた。でも自分を高めてくれた。ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(34)が最高のライバルへ、惜別のエールを送った。

 「いつもやられていたよ」というDeNAの加賀繁投手(33)が11日、今季限りでの現役引退を表明した。バレンティン自身が認めるように、とにかく加賀を苦手としていた。12年の初対戦から17年5月まで、実に20打席ノーヒット。あの頃は試合中盤、好機でバレンティンが打席に立てば必ずと言っていいほどマウンドには加賀が上がり、そして封じられ、悔しそうにベンチに帰っていた印象が強い。「腕の位置がかなり下で、タイミングが取れない。そこが一番難しかった」と翻弄され、顔も見たくないほどに抑え込まれていた。

 昨年5月にようやく初安打を放ち、7月には本塁打をマークした。この年は3打数2安打。そして今季は2打数1安打。最後の対戦となった7月17日には、敵地で豪快な一発をスタンドにたたき込んだ。天敵ともいえる相手をようやく攻略し始めていた主砲は「最近の打席ではやっと結果が出るようになって、本当に本当にうれしかったんだ」と目を細めた。

 球場では会えばあいさつを交わす程度で、深い話をしたことはない。それでもどこか、気になっていた。引退をニュースで知ると「ユニホームを脱ぐには早い歳でまだやれるのではという気持ちもあるけど、彼が決めたのだから仕方ない」と敬意を表し「次のステージでの成功を願いたい」と温かい言葉を向けた。

 最後にひとつ、聞いてみた。「もう一度、対戦したいですか?」。バレンティンは豪快に笑いながら首を横に振った。理由は簡単だった。

 「あんなに打てなかったのに、最後に本塁打を打てたんだ。いい結果のまま終わっておきたいから、もう対戦はやめておくよ」

 バレンティンにとって加賀はやはり、力を認める特別な存在だった。(記者コラム・町田 利衣)

[ 2018年9月18日 09:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム