立大連勝 1年・川端健7回1失点で秋初勝利「役割分かってきた」

[ 2018年9月18日 05:30 ]

東京六大学野球   立大7―1東大 ( 2018年9月17日    神宮 )

 1年生の川端健が立大を連勝に導いた。初回に先制を許したが、2回以降は変化球で打たせて取り、7回1失点で今季初勝利を挙げた。

 秀岳館(熊本)出身で高校日本代表にも選ばれた左腕。デビューした今春は無我夢中の中で7試合に登板し、2勝をマーク。「春のリーグ戦後、自分の役割が分かってきた」と主戦の一角としての自覚も芽生えてきた。次戦に向け「投げていくうちにテンポをつかんだので生かしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース