大阪桐蔭に「8本の矢」、春夏連覇の旧チームしのぐ投手層

[ 2018年9月18日 05:30 ]

秋季大阪大会2回戦   大阪桐蔭9―1香里丘(7回コールド) ( 2018年9月17日    大産大付グラウンド )

2番手で4回を被安打1の7奪三振、無失点と好投した大阪桐蔭の縄田
Photo By スポニチ

 史上初の選抜大会3連覇と3季連続の甲子園大会優勝を狙う大阪桐蔭は17日、秋季大阪大会2回戦で香里丘と対戦し、石井雄也捕手(2年)が6回に左中間へ2ランを放つなど2試合連続のコールド勝ちを収めた。

 3回から2番手でマウンドへ上がった縄田渉投手(2年)が強烈な輝きを放った。力のある直球にブレーキの利いた大きなカーブがさえ、4回を被安打1の7奪三振、無失点と力投。「一球一球、全力で腕を振りました」と胸を張った。

 飛躍のきっかけは、今秋ドラフト1位候補で史上初2度目の春夏連覇を成し遂げた根尾や藤原の助言だった。今夏まで先輩を相手に連日のようにシート打撃に登板。愛知県一宮市出身の背番号10は「日本一の打線を相手に投げてきましたから」と自信を深めた。

 「(エースの)中田が一つ抜けた存在ですが、中田に負けない気持ちでやっていきます」

 縄田が挑戦状を叩きつけた背番号1の中田を筆頭に投手は6人態勢だ。野手の中野主将や山田も含めれば、ベンチ入り20人のうち実に8人が登板可能だという。今夏をしのぐ「8本の矢」で前人未到の偉業へ突き進む。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース