ソフトB泣きっ面にハチ…今宮も負傷 柳田に続きまた主力

[ 2018年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―8西武 ( 2018年9月17日    メットライフD )

初回無死一塁、ミランダの送球を今宮がジャンプして捕球、着地の際に左足を痛め高谷(右)の肩を借りてベンチに戻る(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・今宮が初回守備で負傷交代した。無死一塁、源田のゴロを処理したミランダの二塁送球が浮き、跳んで捕球。着地する際に左太腿裏を痛めた。「足がつったと思った。右足でベースを踏みにいったときに強いストレッチがかかったのかな」と話した。

 球場から都内の病院へ向かう際には自力歩行していた。レントゲン、MRI(磁気共鳴画像装置)検査の結果、左半腱半膜様筋を損傷した可能性があり、18日に再受診する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月18日のニュース