日本ハム・清宮 代打で二ゴロ「なかなか自分の力をチームに与えられていないのが悔しい」

[ 2018年9月18日 22:28 ]

パ・リーグ   日本ハム4―7西武 ( 2018年9月18日    メットライフD )

<西・日>7回無死、凡退する清宮(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)は7回無死から代打で登場も、初球を打って二ゴロに倒れた。

 多和田の直球にバットを出し「しっかり打ちに行けたのはよかったと思います。うまく打ち取られちゃったかなという感じです」と振り返った。

 チームは首位・西武に投打ともに圧倒されて敗戦した。「優勝マジックが減っていくのを見るのは悔しいし、なかなか自分の力をチームに与えられていないのが悔しい」と清宮。それでも「明日もどういう出方かは分からないが、チームのための打撃ができれば」と気持ちを切り替え、勝利への思いを新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース