DeNAソト、延長10回決めたサヨナラ弾 来日初「凄くうれしい」

[ 2018年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―4阪神 ( 2018年9月17日    横浜 )

延長10回2死一塁、サヨナラ2ランを放ったソト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ホームで待つナインの輪にDeNA・ソトが飛び込んだ。延長10回2死一塁から、左翼席へ来日初の33号サヨナラ2ラン。ドリスの真ん中に来た142キロのフォークを逃さなかった。初回にも中越え2ランと今季6度目の1試合2発で、負ければ自力CS進出消滅のチームを救った。

 「凄くうれしい。(前日の20失点大敗に)何とかやり返してやろうと思っていた。サヨナラ弾?マイナー時代にあったけど、いつだか覚えていない」

 昨秋入団テストに合格。5月6日の巨人戦から1軍昇格すると初本塁打を放ってブレークした。規定打席に到達していないが、本塁打率(1本に要する打数)はセの本塁打トップの丸(広島)の10・44に次ぐ10・97で、同僚の筒香をも上回る。ロペスと食事に行くと、日本投手の配球などのアドバイスに耳を傾ける。本塁打量産で内角攻めが多くなった最近もスイングに迷いはない。本拠地4連戦を3勝1敗で乗り切ったラミレス監督も「必ず熱くなると言っただろ!2位になれる可能性だってある」と興奮気味に話した。

 最下位を脱出して3位の巨人とは1・5ゲーム差。「ポストシーズンに出ることは野球人のやりがい。何とか出たい」とソト。4チームによる3位争いを制するには、その力は欠かせない。 (伊藤 幸男)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース