中日ガルシア13勝 “髪頼み”成功「どうしても勝ちたいから」

[ 2018年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   中日4―2巨人 ( 2018年9月17日    東京D )

ファンに手を振るガルシア(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 中日・ガルシアがリーグ最多の広島・大瀬良に2勝差へ迫る13勝目を挙げた。課題の立ち上がり、制球難ともに影を潜め、一度も先頭打者を出さず7回1失点。「負けられない試合でチームが勝てるように心がけて、こういう投球ができて良かった」と胸を張った。

 8月21日の阪神戦を最後に3試合にわたって勝利がなく、前夜はロドリゲスに「どうしても勝ちたいから」と頭髪の右側をバリカンで自身の背番号70をかたどるように刈ってもらった。そのロドリゲスが2点差の8回途中から回またぎで締め、来日初セーブ。マウンドでも助けられた。3位・巨人に再び1・5ゲーム差へ迫った森監督も「先発が7回を投げてくれるといろんなことができる」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース