日本ハム・レアード 背中付近の張り訴え先発から外れる 試合前の打撃練習を回避

[ 2018年9月18日 17:47 ]

17日のオリックス戦で、9回の守備に就く前に、トレーナーと話すレアード
Photo By スポニチ

 日本ハムのブランドン・レアード内野手(31)が18日、背中付近の張りを訴えて西武戦(メットライフドーム)前の打撃練習を回避。同戦の先発メンバーからも外れた。

 ここ数日間、背中付近を気にする仕草が見られ、17日のオリックス戦(札幌ドーム)後には「少し違和感はあるけど、大丈夫」と話していた。状態を確認した谷一郎ヘッドトレーナーは「(今後)試合に出るために無理をさせない」と今後の試合出場は当日の状態を見ながら決めていく方針を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月18日のニュース