西武 ウルフ緊急降板も5人0封継投 3番手増田が今季初勝利

[ 2018年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   西武8―1ソフトバンク ( 2018年9月17日    メットライフD )

4回1死満塁の場面で登板、無失点で切り抜けた増田(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武は先発のウルフが3回途中、打球を右太腿に受け緊急降板。2番手・武隈から5投手が無失点リレーで切り抜けた。3番手の増田が4回1死満塁から登板し、松田宣を二ゴロ併殺打に抑えるなど1回2/3無失点。今季初勝利となり「自分の役割をやるだけと思っていた」と話した。

 マーティン、ヒースの勝利の方程式を温存しての勝利。辻監督は「後ろが苦しい中よく投げてくれた。2人を休ませられたのは大きい」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース