オリ榊原収穫の5回無失点 育成出身2年目プロ初先発で快投 

[ 2018年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―4日本ハム ( 2018年9月17日    札幌D )

オリックスの先発投手・榊原(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・榊原はプロ初先発で好投しながら初勝利が消えた。最速149キロの直球を軸にスライダー、フォークで的を絞らせず5回を1安打無失点。二塁すら踏ませない快投だった。勝利投手の権利を得て80球で交代。直後の6回に救援陣が逆転された。

 「自分は先輩方が取ってくれた1点を守るだけだと思っていましたので。その1点を守ることができて、うれしかったです。次チャンスがあればですね」

 浦和学院から育成ドラフト2位入団し、2年目の今年3月に支配下選手に昇格。2度の中継ぎで計1回0/3を5失点だった4月からの成長を示した。福良監督は予定通りの交代だったことを強調し、「球数。初めてというのもあったから。勝たせたかった。次もあります」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース