【槙原寛己 視点】巨人は2位追うより3位死守ローテ組むべき

[ 2018年9月18日 09:00 ]

セ・リーグ   巨人2―4中日 ( 2018年9月17日    東京D )

巨人の先発・メルセデス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 外国人左腕対決の明暗を分けたのは右打者に対する外角の使い方だ。巨人のメルセデスは中日のガルシアのようなチェンジアップがない。素晴らしい制球力を持っていても内角一辺倒の配球になるから、2巡目、3巡目につかまってしまう。6回、福田に甘いスライダーを左中間に3ランを運ばれたのが致命的となった。最高級車になるにはチェンジアップの搭載が必要だ。

 それにしても現在3位の巨人にとっては痛い一敗となった。このカード今季最終戦となる中日に勝っていれば、その差3・5ゲーム。残り9試合で巨人との直接対決がなくなる中日にとっては絶望的な差になっていた。中日を消し損ね、4球団によるCS争いが継続する。残り10試合になった巨人は4・5差になった2位ヤクルトを追うより、3位死守に切り替えた方がいい。最大のライバルは最多20試合を残す阪神。順番でいけば22日ヤクルト戦になる菅野を23日からの阪神2連戦に回す3位死守ローテを組むべきだと考える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース