楽天・藤平10代ラス投で初完投 故郷・千葉で成長証明

[ 2018年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7―2ロッテ ( 2018年9月17日    ZOZOマリン )

ウィニングボールを捕った銀次(右)とハイタッチを交わす完投勝利の藤平(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 楽天・藤平が10代最後となった登板をプロ初完投で飾り、4勝目を挙げた。3安打2失点でチームを3連勝に導き、21日に20歳となる2年目右腕は「ストライク先行で投げられた」と頬を緩ませた。

 「無駄な動作を少なくしたい」とセットポジションからのクイックモーションで投げ、6回無死二塁のピンチも3者連続三振で切り抜けた。地元の千葉で、石井一久GMの御前試合で見せた好投。「20歳からは新しいスタート。地に足を着けて頑張りたい」と先を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月18日のニュース