ヤンキース 4点差跳ね返しサヨナラ勝ち 最後は代打のウォーカーが劇弾

[ 2018年8月29日 12:54 ]

ア・リーグ   ヤンキース5―4ホワイトソックス ( 2018年8月28日    ニューヨーク )

<ヤンキース・ホワイトソックス>9回にサヨナラ弾を放ったウォーカー (AP)
Photo By AP

 ヤンキースが28日のホワイトソックス戦で5―4のサヨナラ勝利を飾った。

 ヤンキースは0―4とビハインドの6回にアンドゥハルの22号2ランで反撃。8回にはヒックスの22号2ランで同点に追いつくと、9回は代打・ウォーカーの9号ソロが飛び出し、試合にピリオドが打たれた。

 初球のストレートを叩き、右中間スタンドへと運んだウォーカー。試合直後のインタビューでは「コンパクトなスイングを心がけた。完璧なシナリオだったね」と自身2本目のサヨナラ本塁打を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース