オリ福良監督、凱旋試合飾れず 被弾の近藤に「考えられない」

[ 2018年8月29日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―4日本ハム ( 2018年8月28日    宮崎 )

地元・宮崎で白星を飾れなかった福良監督(撮影・中村 与志隆)
Photo By スポニチ

 オリックスは散発4安打で今季11度目の零敗となった。福良監督にとっては現役時代も含めて初の地元・宮崎での公式戦を、勝利で飾ることはできなかった。

 0―2の8回2死一塁で、近藤が中田に勝負を決する痛恨の左越え2ランを被弾。指揮官は「考えられない。カウント0―2から…。初球から本塁打を狙っているスイングなのに」とうなだれた。借金は7に膨らみ、3位・日本ハムとは8ゲーム差。最短で、30日にもクライマックスシリーズ自力進出の可能性が消滅する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース