西武・伊藤 プロ初勝利「ミットを目掛けて投げるだけだった」

[ 2018年8月29日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―5楽天 ( 2018年8月28日    前橋 )

改めて本物のウイニングボールを手に伊藤(右)は辻監督と握手(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武は19歳のルーキー伊藤がプロ初勝利を手にした。2―5の7回から3番手で登板。今江から空振り三振を奪うと、1死一塁からは内田を三ゴロ併殺打に仕留めて無失点に抑えると、直後に味方が逆転した。

 「負けてはいたけど、森さんのミットを目掛けて投げるだけだった。最高です」。横芝敬愛から1年間の独立リーグを経て、ドラフト3位で入団。5月中旬に2軍降格も22日のロッテ戦から1軍に復帰した。「残り試合も少ないのでチームの優勝に少しでも貢献したい」。今季唯一の前橋開催のお立ち台で、初々しく宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース