ロッテ・福浦 連夜の前進1992安打も「負けて悔しい」

[ 2018年8月29日 22:03 ]

パ・リーグ   ロッテ0-7ソフトバンク ( 2018年8月29日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>5回1死、中前打を放った福浦(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 連夜の前進だった。ロッテ・福浦和也内野手(42)は29日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の5回1死、松本裕の内角の直球を中前打し、スタメン復帰後2試合連続安打で通算2000安打へマジック「8」とした。

 「負けて悔しい。(打撃は)一時期よりはいい。また、明後日(31日)から頑張ります」

 ベテランは目の前の偉業へ近づいたことより、0―0の2回2死一、二塁で三塁ゴロ、守備の失策で出塁したものの、決定打を打てなかったふがいなさを悔いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース