板川、変化球で幻惑 頼れる小さな左腕 ワンポイント起用手応え

[ 2018年8月29日 05:30 ]

アジア選手権壮行試合   高校日本代表3―7大学日本代表 ( 2018年8月28日    神宮 )

5回1死一塁から登板した高校日本代表・板川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 小さな左腕が輝いた。身長1メートル73の板川は5回1死一塁で3番手で登板すると、1回2/3を1安打無失点2奪三振と好投した。

 「イニング途中で行くのに苦手意識はない。本番に向けて良い経験ができた」。名門校育ちでタフさも武器。「全部投げないと抑えられない」とスライダーとチェンジアップに加えフォークを試した。大会使用球が滑ることを考慮して取り入れた新球。永田裕治監督は「ワンポイントで使いたいと思っていた板川が良い投球をしてくれた」と称えた。

 昨年代表で奪三振ショーを続けた田浦(現ソフトバンク)のような頼れる左腕になる気配十分。「存在感ある投手になりたい。名前を知ってもらうチャンスなので良い投球をしたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース