中日・小熊 DeNAに連勝&2戦連続10奪三振 好相性の声も「意識しないように」

[ 2018年8月29日 22:14 ]

セ・リーグ   中日7―3DeNA ( 2018年8月29日    横浜 )

声援に応える中日・小熊(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日先発の小熊が7回を投げ4安打2失点の好投。今季3勝目を挙げた。

 前回22日の阪神戦は5回途中5失点と悔しい思いをした。この日は「先に点取ってもらって、初回に1点を取られたんですけど、追いつかれないように、7イニング投げようと思って投げた」と粘りの投球を見せた。

 また、「初回から色んな球種を使って、雅さんと話しながら投げた」と、キャッチャーの松井雅とのコンビネーションのよさを強調していた。

 DeNA戦は2連勝で負けなし。しかも2戦とも10奪三振と好相性。その点を尋ねられると、「あんまり意識しないように」と気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース