DeNA石田、中継ぎ配転2回零封4K ラミ監督「監督冥利に尽きる」

[ 2018年8月29日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―3中日 ( 2018年8月28日    横浜 )

お立ち台でタオルを掲げる(左から)嶺井、石田、中後(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・石田が好救援で3勝目を挙げた。成績不振による2軍調整を経て、この日から1軍合流。ラミレス監督との会談の上で中継ぎに配置転換され、2―2の6回から3番手で2イニングを無安打4奪三振とパーフェクトに抑え、打線の7回の勝ち越しを呼んだ。

 「先発で勝つのが理想だけど、どのポジションでも100%の自分を見せたい。前半戦に迷惑を掛けた中継ぎ陣をここからカバーしたい」。チームの連敗も2で止まり最下位脱出。指揮官は「(起用が当たり)監督冥利(みょうり)に尽きる」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース