ロッテ・中村 今季30個目の盗塁決める リーグ1位の日本ハム・西川と1差

[ 2018年8月29日 22:10 ]

パ・リーグ   ロッテ0-7ソフトバンク ( 2018年8月29日    ヤフオクD )

 ロッテ・中村奨吾内野手(28)が29日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の8回2死一塁、今季30個目の盗塁を決めた。

 「30個走れるとは思わなかった。失敗しても行けと言ってくれた監督、コーチのおかげです」

 就任した井口監督が「走塁改革」を掲げ、走ることにより、配球や投手の癖を研究すれば打撃にも好影響が出ると指揮官に教わった。「走らなければ、考えなかったことです」と中村。この2連戦は無安打で打率を下げたが、それでも・285と3番の重責を十分、果たしている。

 リーグ1位の日本ハム・西川(31盗塁)とは1差だ。「上とも近いですし、状況を見てですけど走りたい」。達成した瞬間にまた、新たな目標となる初タイトルを視野に入れていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月29日のニュース