輝星“人生初”ベースコーチ 松本&甲斐野に注目「お手本にしたい」

[ 2018年8月29日 05:45 ]

アジア選手権壮行試合   高校日本代表3―7大学日本代表 ( 2018年8月28日    神宮 )

一塁コーチとして献身的に尽くす吉田(右)。左は小園(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 登板しなかった吉田(金足農)は、野球人生初という1試合通してのベースコーチ(一塁)を務め、打者や走者に声援を送った。「相手の松本さんや甲斐野さんは直球が速いから注目していた。でも変化球も使えて改めて凄いと思った。お手本にしたい」。

 試合前には相手を立たせて約20球を投げ「状態は80%くらい。少し疲れはあるけど甲子園の状態に戻りつつある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース