ロッテ福浦、2000本安打まで残り9 好機凡退も「勝てばいい」

[ 2018年8月29日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―1ソフトバンク ( 2018年8月28日    ヤフオクD )

4回2死一塁、右前打を放った福浦(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 1―1の4回2死一塁。8月21日の西武戦での右太腿裏死球以来6試合ぶりのスタメンだったロッテ・福浦は東浜のカットボールを捉え、右前へ。通算1991安打となり、偉業へ「9」になった。

 2、6回の得点圏は打てず「どっちかで打ちたかった。ただ、打てなくても勝てばいい」とホッと一息。精神的支柱が復帰したチームは4月10日に西武の連勝を8で止めたのに続き、今度はソフトバンクの連勝を9で止めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月29日のニュース